イベント・広報活動

聖書事業懇談会・仙台

●どんな翻訳になるのですか?
-新しい聖書の特徴-

聖書事業懇談会は、聖書普及の働きの今をご報告し、聖書を用いる様々な立場からのご意見、ご忠言を賜り、日本聖書協会の今後の活動に生かすべく、毎年春先に実施いたしております。2016年は、3月に名古屋、横浜、4月に仙台、7月に金沢にて開催いたします。新しい日本語聖書の翻訳を、翻訳者としてのみならず編集委員として力強く推進する役割を担われている先生の講演を通して、新しい翻訳が従来の邦訳とどう違うかを知っていただきたいと存じます。また日本聖書協会の発行物やイベントの予定もお伝えいたします。新しい聖書翻訳に祈りをもってご期待いただき、聖書協会の働きを通してみことばが日本により豊かに伝えられるよう、多くの皆様のご参加をお願いいたします。 

「聖書事業懇談会・仙台」
■日時:2016年4月29日(金・祝)18:00~20:00(開場17:30)
■会場:仙台トラストシティ カンファレンスルーム
■講演:「聖書翻訳 -未来への遺産-」
歴史上、聖書翻訳は何度も繰り返され、その度に大小の影響を人々に与えてきました。聖書翻訳は同時代に向けたものだけではなく、次の時代を生きる人々に託す遺産です。これまでの翻訳作業を振り返りながら、新しい翻訳が目指すべき方向を皆さんと共に考えたいと思います。
■講師:吉田新氏  新翻訳事業翻訳者兼編集委員
 東北学院大学文学部総合人文学科講師
■参加無料(事前登録制/申込締切 2016年4月22日(金)/定員120名になり次第締め切らせていただきます。ただし、締切日後も空席がある場合には当日参加が可能ですので、ご希望の方は広報部までお問い合わせ下さい)

お問い合わせ:日本聖書協会 広報担当 TEL:03-3567-1988、FAX:03-3567-4436
E-mail: (info@bible.or.jp

聖書事業懇談会
聖書事業懇談会

パンフレットの画像をクリックするとPDFファイルで詳細がご覧になれます。

お申込みは締め切りさせて頂きました。

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。