キューバ モンゴル支援
キューバ、モンゴルへ聖書支援を。今、聖書を必要とする人がいます

キューバの人々に質の良い聖書を。
目標100万冊!

募金目標 500万円
キューバ

キューバでは、長期に渡りアメリカの経済封鎖を受けた影響で周辺国との経済格差が大きく、聖書も質の悪いものしか手に入りませんでした。長く愛用できる良質の聖書100万冊を送る活動は、現在、約75万冊の聖書が頒布されています。目標の100万冊まで、あと25万冊。信仰を守り続けている兄弟姉妹を支える活動を、さらに推進してまいりましょう。

  • 2013年から始まったキューバへの100万冊の聖書支援プロジェクトは、現在、目標の75%まで達成しました。残り25万冊で、目標の100万冊を達成できます!
  • 目標達成の円グラフ

キューバの人々から聖書支援への感謝の声が届いています

  • 去年、ハリケーン(台風)が襲った時、僕は聖書を失いました。 今、僕は新しい聖書を手することができました。神様に感謝しています。

  • 私はサラ・ラモスです。細い字を見るのに苦労し始めた頃から、大きな文字の聖書はあこがれでした。私はこの美しい贈り物に、とても感謝しています。

キューバ 情報クリップ

人口1,126万人の40%、約400万人の
クリスチャンがいます。首都はハバナ。
公用語はスペイン語。2015年のアメリ
カとの国交回復を果たしましたが、経済
的困難は続いています。

キューバ聖書支援の現地を訪ねる「募金視察の旅」を開催します!

日本聖書協会では、8月の11日間程度の日程で、現地のキューバ・バイブルコミッションのスタッフと一緒に、聖書頒布先の教会や学校など、聖書支援の現場を直接訪れ、交流する「募金視察の旅」の開催を予定しています。キューバ以外に、2016年4月に発生した大地震で被害を受けたエクアドルの被災地も訪問する予定です。

※詳しくは募金担当までお問合せください。

献金する

モンゴルの人々による
「原典」からの聖書翻訳プロジェクト

募金目標 500万円
モンゴルの人々による「原典」からの聖書翻訳プロジェクト

モンゴル・ユニオン聖書協会が現在頒布しているモンゴル現代語訳聖書は、英語など他言語からの翻訳で、原典からのものではありません。そこで、2014年から、モンゴル人翻訳チームによる原典からの聖書翻訳プロジェクトがスタートし、2028年の完成を目標に進められています。プロジェクトの実現のため、支援の輪を広げましょう。

聖書翻訳を実現させたい

  • 翻訳プロジェクト・リーダー バヤルジャルガルさん
  • 聖書翻訳は、非常に大切なプロジェクトです。プロジェクトの目的は、モンゴル人の手で、原典から自分たちが話す言葉に翻訳すること。モンゴルは民主化後、キリスト教が復興して20年足らずということもあり、原典から訳すのは大変な作業です。実現に向け、日本からの支援を求めています。
    ガラム・バヤルジャルガル (モンゴル・ユニオン聖書協会 翻訳プロジェクト・リーダー)

モンゴル 情報クリップ

人口300万のうち、4万5千人のクリスチャンがいます。首都はウランバートル。1992年の民主化で教会が復興しました。公用語はモンゴル語。独特なキリル文字で表記します。

聖書全巻の10%、旧約聖書の6書が翻訳完了!

  • 聖書の翻訳作業は現在、旧約の「創世記」「出エジプト記」「ヨシュア記」「士師記」「ヨナ書」「ルツ記」の6書が完了。2017年は「サムエル記」「列王記」「詩編」を翻訳する計画です。スタッフも1名増えて6名となり、作業の効率も上がっています。
  • 翻訳作業計画のグラフ

※詳しくは募金担当までお問合せください。

献金する

お祈りください

  • 1.キューバの人々に良質の「聖書」が、100万冊の目標通りに届けられて大切に用いられますように。キューバでキリスト教宣教が、今後も自由になされますように。
  • 2.モンゴルで進められている聖書翻訳プロジェクトが、計画通りに2028年まで完成し、モンゴルでのキリスト教宣教が拡大しますように。
  • 祈りあう聖書協会スタッフ祈りあう聖書協会スタッフ

お問い合わせ

一般財団法人 日本聖書協会 広報募金部 募金担当

〒 104-0061 東京都中央区銀座 4-5-1

TEL.03-3567-1980 FAX.03-3567-4436 E-mail. fund-raising@bible.or.jp

scroll_up