新共同訳/口語訳
凡例

この凡例は冊子体の『聖書 新共同訳』付録の凡例を、携帯電話インターネットサービス(iモード)における本文検索のために一部書き改めたものです。

特に但し書きのないものは新共同訳についての記述となります。 漢字には振り仮名は付きません。なお、新共同訳での訳語「洗礼」については、「せんれい」または「バプテスマ」の二つの読みが可能としていますが、この本文検索においては「バプテスマ」と入力しての検索および表示には対応していません。
固有名詞表記は聖書訳語委員会が作成し、共同訳聖書実行委員会が、1984年2月にその改訂を承認した後の「日本語表記」によりました。
----------
章・節区分および使用した記号

(1)章・節の区分は、各底本に従いました。この結果、とくに旧約聖書において、日本聖書協会「口語聖書」などの聖書の章・節の区分と相違する部分が生じています。検索結果から他の翻訳を参照する際には相応する節を表示します。
章節対照表へ

(2)“ ”
新約聖書において、底本の字義どおり「霊」と訳した個所のうち、「聖霊」あるいは「神の霊」「主の霊」が意味されていると思われる場合には前後に“ ”を付けました。

(3)( )
カタカナで表記した部分の「原意」および訳語の基になった原語の「原音」をカタカナで示す方が、理解の助けとなると思われる場合などに用いました。

(4)――
挿入と見るのが一般的とされている個所、および意味上、挿入句として読む方が理解しやすい個所などに用いました。

(5)〔 〕
新約聖書においては、後代の加筆と見られているが年代的に古く重要な個所を示します。旧約聖書続編においては、主な写本に欠けている節を底本が別の写本で補った個所とテキストの字体に大小の区別がある個所を示します。

小見出し
本文の内容区分ごとの概括的な理解を助ける趣旨から、一部の書を除き、小見出しを太斜体字で示しました。小見出しは本文ではありません。


詩文体において、句点「。」を用いずに改行されている個所を表します。

度量衡および通貨については、元の単位を原語の発音に近い表記で表しました。冊子体の『聖書 新共同訳』「度量衡および通貨」を参照してください。
----------
各聖書の底本は次のとおりです。

「新共同訳」
(1) 旧約聖書
「ビブリア・ヘブライカ・シュトットガルテンシア」(ドイツ聖書協会)
"Biblia Hebraica Stuttgartensia" Deutsche Bibelgesellschaft, Stuttgart, ©1967/1977,1984.
(2) 新約聖書
「ギリシア語新約聖書」(修正第3版)(聖書協会世界連盟)1983年
"The Greek New Testament" Third Edition(Corrected) United Bible Societies; 1983

(3) 旧約聖書続編
「ギリシア語旧約聖書」(ゲッティンゲン研究所)
"Septuaginta Vetus Testamentum Graecum" Auctoritate Academiae Scientiarum Gottingensis editum; Gotingen・Vandenhoeck&Ruprecht
※『エズラ記(ラテン語)』「ウルガタ版聖書」改訂2版(ヴュルテンベルク聖書協会)1975年
「Liber Esdrae Quartus」"Biblia Sacra Iuxta Vulgatam Versionem"
Wuttembergische Bibelanstalt Stuttgart, Zweite, verbesserte Auflage 1975.

「口語訳」
(1) 旧約聖書
ルドルフ・キッテル校訂『ビブリア・ヘブライカ』第3版
(ヴュルテンベルク聖書協会)1937年
"Biblia Hebraica" edit Rudolf Kittel, 3. Auflage 1937. Wuttembergische Bibelanstalt, Stuttgart.

(2) 新約聖書
ネストレ校訂『ギリシア語新約聖書』(第21版)
(ヴュルテンベルク聖書協会)1952年
"Novum Testamentum Graece" Verbesserungen, der 21. Auflage 1952.
Wuttembergische Bibelanstalt, Stuttgart.
++++++++++++++++
◆検索TOPへ携帯アクセス解析