聖書とは(新共同訳聖書付録「聖書について」より) | 旧約聖書続編

この部分の文書は、一世紀末ユダヤ教で聖書の正典目録を定めるとき受け入れられなかったので、ユダヤ人の聖書には含まれていないが、もともとは、紀元前から紀元後一世紀までの四世紀の間に成立したユダヤ教の宗教的文書である。「知恵の書」と「マカバイ記2」を除く他の諸書は、まずヘブライ語またはアラム語で記され、パレスチナ以外の地に住んでこれらの言語を解しないユダヤ人のために旧約の他の書と同様、ギリシア語に訳されたものである。キリスト教では、ギリシア語がいち早く共通語となり、初期キリスト者は、離散のユダヤ人たちの用いた「ギリシア語訳旧約聖書」とともにこれらの続編も受け継いでいる。

これらユダヤ人の宗教的文書は、キリスト教によって我々に伝えられたものであるが、キリスト教では四世紀ごろからこの文書について、二つの見解が見られるようになる。すなわち、これは旧約の他の書に劣るとする見方と、同等とする見方である。今日、カトリック教会ではこれに旧約と同等の価値が付され、「第二正典」と呼ばれる。もっとも、「エズラ記(ギリシア語)」「エズラ記(ラテン語)」「マナセの祈り」は、カトリック教会もまた「アポクリファ」と呼ぶ。プロテスタント教会では、なんらかの価値を認める教会もあれば、これらのすべてを全く認めない教会もあり、そこでは「アポクリファ」あるいは「外典」と呼ばれる。本聖書では、この部分全体についてすでに戦前に使用されていた「続編」の用語を採用することにした。

十九世紀までは、一般に旧約続編も翻訳して出版されていた。カトリックとギリシア正教では旧約の他の書の間に、十六世紀初めの若干のカトリック聖書と多くのプロテスタント聖書では、旧約と新約との中間に、まとめて置かれていた。本聖書は後者の慣例に従っている。(この慣例は、1968年にプロテスタントの聖書協会世界連盟とローマの教皇庁キリスト教一致推進事務局とが共同で公にした「聖書の共同翻訳のための標準原則」が定めているところとも一致する。)

「トビト記」と「ユディト記」は、前述の「ルツ記」や「エステル記」と同じく、困難な状況の中で唯一神にいかに忠実に生きるかを示す民間説話である。「ギリシア語本文によるエステル記」は、「ヘブライ語のエステル記」にモルデカイやエステルの祈りなど、多少の追加をしたものである。「マカバイ記」の二巻は、それぞれ独立の書であるが、いずれも紀元前二世紀、パレスチナのユダヤ人に対する宗教的な迫害のゆえに起きた闘争を物語る。

「知恵の書」と「シラ書」は、「箴言」の系統に属し、日常生活と人生問題に指針を与えている。「バルク書」と「エレミヤの手紙」は、預言書に類似した文書で、前者は罪の告白、知恵についての思索、エルサレムの慰めから成っている。後者は偶像崇拝に対する警告である。「ダニエル書補遺」には、アザルヤの祈りと三人の若者の賛歌など、ダニエルを中心人物とする三つの教訓的短編が含まれる。

続編の最後に置かれている「エズラ記(ギリシア語)」「エズラ記(ラテン語)」「マナセの祈り」は、「エズラ記(ラテン語)」を除いて、キリスト教の聖書のギリシア語写本によって伝えられ、いずれもカトリック教会では正典の中に数えられていない。「第三エズラ記」「第四エズラ記」「マナセの祈り」の名称でラテン語聖書の付録として出版されていたが、聖公会の聖書ではアポクリファに加えられている。

「エズラ記(ギリシア語)」の主題は、ヨシヤ、ゾロバベル、エズラによる礼拝の改革であり、これについての史料を提供する。「エズラ記(ラテン語)」は、黙示文学に属し、おそらく一世紀末に書かれたと思われ、悪、苦しみ、迫害の問題や、神の裁きを述べている。「マナセの祈り」は、神の赦しを謙虚に乞い求める嘆願である。

このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 翻訳部
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1
TEL.03-3567-1989  FAX.03-3567-4436  E-mail. transl@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。