聖書翻訳の歴史 | 翻訳史3 聖書の成り立ち


1 ザ・バイブル
2 聖書は何語で書かれたか
3 聖書の成り立ち
4 聖書は写本で伝えられた
5 ギリシア語の写本
6 パピルスやヴェルムに
7 翻訳された聖書 古代訳
8 民衆の聖書となる 現代語への翻訳
トーラーの巻物
写真の説明
羊皮紙に写本されたト-ラ-の巻物(18世紀)ユダヤ教の会堂には今日でもト-ラ-の巻物が置いてあり、礼拝のときに朗読される。(写真提供/横山  匡)
旧約聖書

「旧約聖書」という呼び方はキリスト教において「新約聖書」と対応して名づけたもので、ユダヤ教においてはこれを「ト-ラ-(律法)」「ネビイ-ム(預言者)」「ケスビ-ム(諸書)」と呼んでいる。この3区分は聖書の成立順序と関係している。「律法」は創世記から申命記までの5書で、ユダヤ人はこれをモ-セが神から授かった律法の書として尊重し、最も早くおそらく紀元前5世紀に編集された。これらは特定の著者により書き下ろされたものではなく初期の多様な独立した記述が次第につなぎ合わされていくという長い過程を経て編集されていった。「預言者」はヨシュア記から列王記まで(ルツ記を除く)の「前預言者」とイザヤ書からマラキ書まで(哀歌、ダニエル書を除く)の「後預言者」に分かれる。このうち「後預言者」がいわゆる預言者である。ネビイ-ムが編集されたのは紀元前200年ごろと考えられる。

「諸書」は「律法」「預言者」以外の書物で、ある書物は早くからその価値が認められていたが、雅歌やエステル記などは聖書正典の中に入れるべきかどうか評価が定まらなかった。「諸書」を含めて聖書正典がユダヤ教団において決定されたのは紀元1世紀の終わりである。ヘブライ語聖書に入れられなかった幾つかの書が「70人訳聖書」に収められたが、それはキリスト教会にも受け入れられ「旧約続編」となっている。

新約聖書

新約聖書の書名リストを記した最古の資料によると2世紀のロ-マ教会で現在の聖書の大部分が認められていた。4世紀に東方教会のアタナシオスが現在の27巻を受け入れた。西方教会では4世紀末に北アフリカのヒッポにおける会議で新約聖書正典を確定している。

このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 聖書図書館
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1 聖書館7F
TEL 03-3567-1995  FAX 03-3562-7227  E-mail  lib@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。