新翻訳事業について

日本聖書協会 講演会 聖書を耕す ―聖書との新たな出会いのために― 石川 立氏

石川 立氏
2014年5月15日
於・TKP大手町カンファレンスセンター

Ⅱ.聖書を耕す

「聖書の翻訳とは聖書を耕すことだ」――このことをもう少し詳しく説明させていただきます。

「翻訳」について「うんぬん」語る前に、まず、言葉の「意味」についてご一緒に考えてみたいと思います。

今しばらく、ご一緒に「文の意味」について考えていきますが、考察の対象について急いで申し添えておきます。考察の対象は、論文や新聞の社会面などの情報系の文章ではなく、小説や詩のような文学、および隠喩や象徴に満ちた宗教的な文書です。

私たちは一般に、言葉の中に意味が隠れていると考えているむきがあります。小説を読むと、その意味や内容は何か、と探ろうとします。詩を読むことは少ないと思いますが、詩を読むと、意味がわからない、というように、「意味」を知ろうとして分からなくなります。テクストの中に、内容としてカチッと固まった意味があると思い、それを私たちは掘り出そうとします。

また、私たちは一般に、言葉とその言葉が指し示すものとは決まった関係で固定されていると考えています。「机」と言えば机を指し、「講演」と言えば今行われているような講演を表す。言葉とその言葉が指し示すものとは、しっかりと結びついていると考えます。ある言葉が何を指し示しているか、何を意味しているか、分からないときは、辞書を引きます。ある言葉の意味は、優れた権威ある辞書の中に書かれてある、というふうに考えます。

しかし、本当にそうでしょうか。

次の例を考えてみてください。

「あんたなんか、大嫌い」というセリフが小説の中に出てきたとします。

ここでの「嫌い」の意味は何でしょうか。辞書で調べてみますと、こうあります。

きらい【嫌い】

  • ①きらうこと。忌みはばかること。「うそつきは―だ」「―な食べ物」
  • ②(「・・・の―がある」「・・・する―がある」の形で)(好ましくない)傾向。懸念。「凝り過ぎる―がある」
  • ③(「・・・の―なく」の形で)区別。平治物語(金刀比羅本)「上下の―なく命の助かることを得ず」

(『広辞苑』第5版から)

  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 翻訳部
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1
TEL.03-3567-1989  FAX.03-3567-4436  E-mail. transl@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。