新翻訳事業について

聖書事業懇談会 新聖書翻訳の魅力―旧約詩文学を実例として― 小友 聡氏

小友 聡氏
2016年3月4日
於:IMY大会議室(名古屋市)

1. はじめに

今日、お集りの皆さんは、これから刊行される「新しい翻訳聖書」に大きな関心をお持ちの方々だと思います。ご承知の通り、日本聖書協会は、諸教会・諸キリスト教主義学校で現在広く用いられている新共同訳聖書に代わって、新しい日本語訳聖書(通称「標準訳」)の発行事業を進めています。この事業の意義については、すでに渡部信総主事をはじめ、事業担当の方々からも丁寧に情報が発信されています。次世代の翻訳聖書があと2-3年で ― 現時点では2018年 ― 発行ということが広く知れ渡っています。

今、諸教会で用いられている新共同訳聖書はいずれこの新しい翻訳聖書に切り替わるのではないか、と予想されます。まだ出版される前にこのようなことを申し上げるのは勇み足かも知れませんが、すでに発信されている情報から私たちはそういう予想を共有できるところまで来ています。2017年の宗教改革五百周年という大きな節目を前にして、この新しい翻訳聖書の出版に期待を寄せ、楽しみにしている方々が多いのではないでしょうか。

私は原典翻訳担当者という立場から、この翻訳聖書の魅力についてお話をしたいと思います。すでに多くの翻訳担当者たちがそれぞれの視点から語っておられますので、私は特に旧約詩文学、コヘレトの言葉、雅歌、ヨブ記、ダニエル書の翻訳に限定して、お話をいたします(なお、ヨブ記とダニエル書については、残念ながら、現段階ではまだほとんど訳文の検討がされていませんので、わずかしか扱うことができません)。新しい翻訳聖書がどういうもので、それが具体的に教会で学校で使用可能なものなのか。そういう皆さんの問いに答えるお話ができればと思います。

このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 翻訳部
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1
TEL.03-3567-1989  FAX.03-3567-4436  E-mail. transl@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。