新刊のご案内
聖書を読んだ30人

日本聖書協会が発行している季刊誌(聖書情報誌)SOWER連載「人物と聖書」の単行本化。各方面で活躍した日本人がキリスト信徒であるなしに関わらず、聖書とどう向きあい、生き方にどのような影響を受けたか。それを日本キリスト教史の第一人者で、内村鑑三研究で知られる鈴木範久氏(立教大学名誉教授)が探りました。『学鐙』(1999年)に掲載された「鈴木大拙の聖書」も収録。

鈴木 範久[著]
1935年生まれ。専攻:宗教学、宗教史学。立教大学名誉教授。著書に『明治宗教思想の研究』(東京大学出版会1979)、『内村鑑三日録』全12巻(教文館1993−99)、『聖書の日本語』(岩波書店2009)など多数。

『聖書を読んだ30人』収録人物

夏目漱石 / 田中正造 / 荻野吟子 / 内村鑑三 / 石井亮一 / 太宰治 / 井口喜源治 / 高村光太郎 / 市川栄之助 / 川端康成 / 山室軍平 / 倉田百三 / 新島襄 / 石坂洋次郎 / 新渡戸稲造 / 芥川龍之介 / 西田幾多郎 / 長谷川保 / 吉野作造 / 中勘助 / 野村胡堂 / 坂田祐 / 賀川豊彦 / 音吉 / 堀辰雄 / 山本五十六 / 萩原朔太郎 / 斎藤勇 / 八木重吉 / 鈴木大拙

ARサービス「ココアルツー」

 
他の新刊・おすすめ聖書はこちら

このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 頒布部
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1
TEL.03-3567-1987  FAX.03-3567-4451  E-mail. distri@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。