スコテ遺跡(ヨルダン)

スコテ遺跡(ヨルダン)

解説

「ヤコブはスコトへ行き、自分の家を建て、家畜の小屋を作った。そこで、その場所の名はスコト(小屋)と呼ばれている。」(創世33・17)ヨルダン川の東岸、ヤボク川の北岸にある遺跡。ソロモンが神殿を建造するとき、良質の粘土を産するスコトで青銅の鋳造を行った。(列王上7・46)テル(遺跡丘)の頂上に古代の住居跡が発掘されている。

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。