初めてのお客様へお支払い・送料について商品の配達についてお問い合わせ
新刊のご案内 ギュツラフ版 約翰(ヨハネ)福音之傳+CD 最古の和訳ヨハネ福音書復刻版、現代語訳、朗読CDつき
好評発売中

現存する最古の日本語訳聖書、「ギュツラフ訳聖書ヨハネ伝」が音声に。冊子には初版・原本(1837)からの復刻版に加えて、浜島敏氏(四国学院大名誉教授)による現代版も収録され、170年前の翻訳が現代によみがえります。

G_tzlaff, Karl Friedrich August 郭 実猟(1803-1851) ペンネーム 愛漢者、善徳  ドイツ出身のプロテスタント宣教師。北ドイツのポンメルに生まれる。 1824年、外国伝道を志していたギュツラフはロンドンにて中国伝道の開拓者モリソンに出会い、東洋布教に召命を覚える。 1834年モリソン亡きあと、1835年、ギュツラフは英国商務庁の主席中国語通訳官となりマカオに滞在。そこで尾張小野浦の漁民(音吉、久吉、岩吉)を託される。彼らは1832年秋、千石船宝順丸に乗って江戸へ向う途中遭難、太平洋を漂流し、1834年北米に漂着。ハドソン湾会社支配人に助けられ、翌年ロンドンを経てマカオに送られて来たのをギュツラフが保護した。以来彼らを引き取り、教えを説くとともに彼らを教師として日本語を学び、1837(天保8)年『約翰福音之伝』『約翰上中下書』を新嘉坡(シンガポール)堅夏書院にて木版刷で出版した。これが現存する最古の日本語訳聖書である。

B5判、176頁
  付録:朗読CD1枚(抜粋1〜4、20,21章)
定価7,000円

ギュツラフや三人の漂流民について詳しく知りたい方は以下へ 三人の漂流民とギュツラフの出会い 三吉の漂流図 現存する最初の日本語聖書
 

ギュツラフ訳には三人の日本人漂流民(岩吉、久吉、音吉)が協力し、彼らの故郷、尾張地方の方言が見られる。そのため朗読者には、ミュージカル「にっぽん音吉物語」にて、主人公の音吉を演じた、名古屋出身の松本喜臣氏を起用した。

試聴はこちら
 
 

 
他の新刊・おすすめ聖書はこちら
 
このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 頒布部
〒 104-0061 東京都中央区銀座 4-5-1
TEL.03-3567-1987 FAX.03-3567-4451 E-mail. distri@bible.or.jp