海外ホットニュース

警官が見た同時多発テロ後のアメリカにおける御言葉の力(ニューヨーク)
画像
同時多発テロにより崩れ落ちた世界貿易センタービルの残骸


ニューヨーク警察巡査カルロス・アビルス氏

「アメリカ聖書協会が9月11日の惨劇直後に行った聖書頒布は、まさに時を得たものでした」とニューヨーク警察巡査カルロス・アビルスは言う。それら頒布された聖書は、あの事件で深刻な心の傷を受けた人々に、大きな癒しを与えた、と彼は語った。

「危機による緊張感の高まる中で、アメリカ聖書協会は配布用にと、私たちに御言葉パンフレットを届けてくれました。人々にとって、そのパンフレットはまるで金や銀のように価値あるものでした。

なぐさめ
画像
通行人も読めるようにと柵につるされ
た聖書分冊(アメリカ聖書協会配布)

「聖書があれほど迅速に広まっていくのを見て、慰められました。以前は、聖書が私の机に置かれていても、誰かがそれを手にして読むなんてことは時々ある程度でしたが、今では何人もの同僚が私のロッカー室にまだ聖書が残っていないかと、争って探しているのです。」

「以前、私が聖書の話をしようとすると、彼らは先を争って逃げていましたが、今では聖書を手にするために争っているんですから、見ていて楽しくなります。」と彼は付け加えた。

ニューヨークにある「キリストに仕える警官」という団体の会長を務めるアビルス氏は、大惨事の後に多くの人々が、恐怖や混乱にも関わらず、キリストに引き寄せられたのを見てきた。「教会は人で溢れかえっていました。聖書は多くの人にとって価値あるものとなり、私の机の上からも何冊かなくなっていたんですよ!」と彼は話した。

また、警察官たちの間でも命の捉え方に変化があった。「神は最も頑強な男達さえも打ち倒されたのです。警察官たちは今まで以上に家族と時間を過ごすようになり、職場でも家族の話をするようになりました。以前は、彼らが残業して話すことと言えば、金を稼ぐ話ばかりだったのが、今では『あ、子供たちが待ってる!家に帰らなくては!もう時間か。』というようになったのです。ずっと教会から離れていたのに、再び教会に通い始めた人もいます。」

神の支配下で
画像
「ラウンド・ゼロ」で働く女性レスキュー隊員に聖書分冊を
手渡すボランティアスタッフ

多くの警察官と消防士が、この事件を通して神の支配というものを学びはじめている。「9 月11日・・・無秩序で大混乱でした。警察官でさえも、慌てて走り回っていました。今まで誰も見たことのない出来事でした。しかし、これは現実に起こったのです。」

このことから人々は、物質的事柄に全幅の信頼を寄せることはできないということを感じはじめている。「たとえ物質的事柄に希望を見出しても、それらは消えゆくものであると、人々は理解し始めています。30年もの間、あの地にそびえていた世界貿易センタービルは絶対に崩れることはないと、人々は思っていたのです。しかし、実際に起きたことを見てください。人が作ったものはどんなものでも、不滅ということはないのです。新車だっていつかは古くなり、さびていきます。」

事件以来、聖書を読み、そこに安らぎと静けさを見出すニューヨーカーが増えている。聖書が彼らを恐怖から救っている。彼らは神にしっかりしがみつき、徐々に神を知るようになってきている。単に神のみならず、イエスがこの嵐の海における錨であるということを聖書は彼らに教えてくれる。

「嵐の後、私たちは命の尊さを知りました。以前、私たちは貪欲でしたが、今では『あなたのために私は何ができるでしょうか?上着が必要ですか?これを差し上げましょう』というように、変えられてきています。神の愛があらゆるところへ流れています。全ての愛の源は神なのです。」


(ワールド・レポート2001年12月号)


2002年1月3日にテロ犠牲者へOnHand PC(腕時計型パソコン)1,000個が寄贈された。これは、開発元の株式会社グローバルコム代表取締役松村氏と数人のクリスチャンが犠牲者達を励ましたい、という思いから実現に至った。OnHand PCは最小形のPDAとして全世界で注目を集めており、時計、スケジュラ-、アドレス帳、カレンダー、ゲーム等多彩な内臓ソフトが組み込まれている。今回寄贈されたものは、日本聖書協会とアメリカ聖書協会の協力を得て、聖書の御言葉をインストールしたもので、毎日違った聖句が読めるように製作されている。


他の記事もお読みになりたい方はこちら(英語版です)→ ワールド・レポート(UBS)

このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 広報募金部 広報担当
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1
TEL.03-3567-1988  FAX.03-3567-4436  E-mail. info@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。