総主事 渡部 信
General Secretary Makoto Watabe
中国語聖書翻訳に捧げられた生涯

  日本聖書協会は1986年中国に聖書印刷工場を建設しようと1億円募金を始め、他の国々の聖書協会と協力し、中国人の手によって南京に愛徳印刷所を建設いたしました。以来、毎年300万冊近くの聖書が中国本土の教会で頒布されるようになり、建設後14年経った現在、総計で2,500万冊近くが頒布されたことになります。中国は推計7,000万人近くのクリスチャンがいるとされている中、現在、既にアジアで一番多いクリスチャン人口国であることは間違いなさそうです。

  そもそも中国語の聖書は日本語聖書より半世紀前に翻訳され、日本語文語訳聖書の元本となりました。この初期の中国語聖書翻訳のために一生涯を捧げ、尽力した一人の宣教師にロバート・モリソン(1782~1834)という人がおります。最近、私は香港を訪れた際に、マカオに彼のお墓があると聞き、出かけてまいりました。マカオ市内にある「新教徒墓地」に彼と妻の墓が並んであり、その横に翻訳の仕事を手助けした息子のお墓、そして彼と妻のお墓の間に、幼くして世を去った小さな息子の墓がありました。その使命のために犠牲を尽くして、異国の地、中国に骨を埋めた4人家族の生涯に大変感動いたしました。このような聖書翻訳の働きを通して今日の中国語聖書が完成し、7,000万に及ぶ中国の人々に福音を宣べ伝える礎ができたのです。(写真は奥からモリソン、妻メアリー、父を助けた息子ジョンの墓、右端の小さな墓は幼くして死んだ息子ジェームス。)
2002年4月
このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 広報募金部 広報担当
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1
TEL.03-3567-1988  FAX.03-3567-4436  E-mail. info@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。