― イースター物語 ―

 ヘロデ王が死ぬと、イエスは両親と共にガリラヤ地方のナザレ村に戻り、そこで少年・青年時代を過ごした。30歳になるとイエスはガリラヤ中を回って、神の教えと神の国の福音をのべ伝え始めた。そして民衆のありとあらゆる病気と患いをいやし、大勢の群集が彼に従った。しかしイエスの教えは律法の順守を説く律法学者の地位を脅かすものであった。
 エルサレムでの十字架の死を知りながらも、イエスは弟子たちと共に群集の歓声に迎えられエルサレムに入城した。イエスをねたみ、殺そうと考えていた律法学者たちに弟子の一人であるイスカリオテのユダが銀貨30枚でイエスを売り渡したため、イエスは捕らえられ不当な裁判を受け、その後総督ピラトによる尋問を受けた。イエス33歳の頃であったといわれる。

ピラトと群衆  祭りの度ごとに、総督は民衆の希望する囚人を一人釈放することにしていた。ピラトは人々が集まってきたときに尋ねた。
ピラト 「どちらを釈放してほしいのか。バラバか、それともメシアといわれるイエスか。」
群 衆 「バラバを!」
 このバラバという男は、都に起こった暴動と殺人の罪で投獄されていた。
ピラト 「いったいどんな悪事を働いたと言うのか。この男には死刑に当たる犯罪は何も見つからなかった。」
群 衆 「十字架につけろ!十字架につけろ!」
 ピラトはバラバを釈放し、イエスを彼らに引き渡して好きなようにさせた。


インデックス
前書き 〜 死刑の判決が下る
イエス十字架上で死す
空っぽの墓にて
疑うトマス 〜 弟子達を派遣する
あとがき
オリジナルの聖書の個所を表示します >> 聖句ルカによる福音書23章13〜25

前へ    次へ
メインページへ戻る

一般財団法人 日本聖書協会 - ホームページ編集委員会
〒104-0061 東京都中央区銀座 4丁目5番1号
Tel: 03-3567-1980, Fax: 03-3567-4436
E-mail: info@bible.or.jp