(1)人々の悪い行い 
  close   next

天地創造の後、地上にはたくさんの人々が暮していました。しかし人の心は弱く、悪い行いばかり繰り返しています。
神さまはそんな人間たちをご覧になり、深く悲しまれました。そして悲しみのあまり、人々と、そのほか地上に住む全ての動物をも滅ぼすことに決めたのです。
「私はこれらを造ったことを後悔する。全ての生き物を地上からぬぐいさってしまおう」
(創世記6章1〜8節)

閉じる