主催:一般財団法人 日本聖書協会

第4回 聖書動画コンテストアワード VIDEO CLIP COMPETITION 2019

第4回聖書動画コンテスト・アワードが2020年1月13日(月・祝)、アルカディア市ヶ谷私学会館「大雪」にて行われました。「第4回聖書動画コンテスト2019」は「変わらない言葉を 変わりゆく世界に」をテーマとして、聖書の言葉、内容に着想を得て作られた、オリジナルの聖書動画作品を2019年3月から10月まで募集し、合計70本の作品が寄せられました。11月中に社内選考と外部からの3名を加えた審査員4名で3ミニッツ部門14作品、1ミニッツ部門5作品、合計19のノミネート作品を選び、更に審査員審査によって入選作を選出いたしました。審査員長は具志堅副主事、審査員は小川政弘氏(福音ネット伝道協力会)、網中彰子氏(日本キリスト教団横浜明星教会牧師)、小林由加氏(星美学園他講師)で作品ごとに①聖書を正しくPRしている。②アイデア、構成、技術が優秀。③共感を呼ぶ、感動させる、面白い、インパクトがある。これらの基準で審査しました。「第4回聖書動画コンテスト・アワード」では、ノミネートされた19作品の上映と表彰が行われました。

授賞式の様子

  • 開会あいさつ
    開会あいさつ
  • 会場の様子
    会場の様子
  • 表彰式
    表彰式
  • 受賞者記念撮影
    受賞者記念撮影
第4回
聖書動画
コンテスト2019
結果発表
3ミニッツ部門
1ミニッツ部門
3ミニッツ部門
最優秀賞

最優秀賞 言葉の力 藤山 恵

関連聖書箇所:箴言 15章4節

作品に込めた思い:聖書の言葉を通して言葉の力を伝え、またいじめを食い止めようという思いでこの動画を制作しました。

  • 優秀賞

    優秀賞 ハジマリニカシコイモノゴザル 関西学院高等部宗教部

    関連聖書箇所:ヨハネ 1章1節

    作品に込めた思い:「ギュツラフ訳聖書」という言葉を耳にしたことはありますか。現存する最古の日本語訳聖書である「ギュツラフ訳聖書」は非常に独特な書き出しで始まることで知られています。私たちはこの世界初日本語翻訳の過程を推測し、映像化しました。

  • 優秀賞

    優秀賞 愛の訓練
    ~Love is patient, Love is kind ~
    AMIKOMU☆

    関連聖書箇所:コリント一 13章4-7節

    作品に込めた思い:聖書の教えを一言で言い表すと「愛」。愛が一番大切っていうのはわかるんだけど、愛するってどういうことで、私たちは何をすべきか。愛は訓練によって身に着けることができ、周りに拡げて行くことができると伝えます。

  • 撮影技術作品賞

    撮影技術作品賞 What is unseen? 聖隷クリストファー中・高等学校 放送部

    関連聖書箇所:コリント二 4章18節

    作品に込めた思い:「人が抱えた辛い記憶」それは目に見えないこと。辛い記憶は「永遠に存続する」のだろうか。そんな疑問から作品作りはスタートしました。切れ目のないこの世界での変化を描くために「ワンカット」で作品を作りました。

  • ユニーク作品賞

    ユニーク作品賞 『旅人の荷物』 TOKYO・PAUL

    関連聖書箇所:マタイ 11章30節

    作品に込めた思い:「 "変わらない言葉を 変わりゆく世界に" 伝える前に、私たちはどれだけその言葉をわかっているだろう。」
    「そりゃ、わかっているよ。クリスチャンだもの。」
    「そうかい、そしたらもう何も問題ないね。 ”クリスチャン” だもんね。」
    「うん、多分問題ない..」
    「でも、ほら顔、ちょっと疲れてるみたいだね。」
    「そう?」
    -----
    これは僕自身のことかもしれないし、あなた自身のことかもしれない。
    「 "変わりゆく世界に" 伝えたい。」けど、肝心な ”僕たち” もどんどん変わって、流されていってしまう。弱いから、僕たちこそ伝えられる側のようにすら感じている。
    このアニメーションは、上からあなたに贈りたいわけでも、下からあなたを持ち上げたいわけでもない。ただ、あなたと同じ目線で関われたらいいなって。それが僕のコミュニケーションであって、僕の"伝え方"であると信じている。

  • CM作品賞

    CM作品賞 Do for Others Meijigakuin Chapel's Members

    関連聖書箇所:マタイ 7章12節

    作品に込めた思い:明治学院大学は聖書の言葉を礎として建てられた大学です。ここで学ぶひとりひとりが、聖書の言葉を自分なりに解釈し、励まされ、導かれ、日々実践しています。私たちはこの想いを隣人へ、また未来へつなげていきます。

  • アート作品賞

    アート作品賞 切り紙と三味線による
    「聖書のおはなし」
    Ezo'n Music featuring Pure Film

    関連聖書箇所:創世記 1~3章 他

    作品に込めた思い:聖書やイエス様のことを多くの方に知ってもらいたい!そんな思いから、聖書のメッセージを切り紙と三味線で描きました。「良き知らせは、東の果ての私たちの所まで」をテーマにしています。作品を通して、聖書や神様の愛を知っていただくきっかけとなれば感謝です。

  • 奨励賞

    奨励賞 変わる。変わる。変わらない。 ことのほ

    関連聖書箇所:ヨハネ 1章1節

    作品に込めた思い:変わることも、変わらないことも、すべて神様によってなされること。だから、世界は変わる。だから、神のことばは変わらない。

  • 奨励賞

    奨励賞 きっと聖書の言葉に救われる 小野島 昌

    関連聖書箇所:ペテロ一 1章24-25節

    作品に込めた思い:この作品では、主の言葉を求める男性を表現してみました。
    時代は常に変わっていきます。情報量が増え、誰でも世界に情報を発信できる時代になりました。それに伴い、何が本当なのか何を信用したらいいのか自分で見極めなければいけなくなりました。皆が皆この時代の流れについていくことは簡単ではないかもしれません。そして、この世の中を生きるのが苦しいと思う時があると思います。
    そんな時、聖書に目を通してみてはいかがでしょうか。主のいつの時代も変らない言葉に安心するでしょう。そしてそれは、自分の大きな支えになると思います。

  • 奨励賞

    奨励賞 休ませてあげよう 桐木基晴

    関連聖書箇所:マタイ 11章28節

    作品に込めた思い:私にとって神様は天高く手の届かない存在ではなく、いつも傍にいて励ましてくれる人生の同伴者のような存在です。
    厳しい社会の中で傷つく未熟な私をありのままで受け入れ癒してくれます。
    この聖句は私の人生にとってオアシスでありイエス様を感じることができる聖句です。

  • 奨励賞

    奨励賞 使徒信条ラップバトル Haction!!! Project

    関連聖書箇所:聖書全体

    作品に込めた思い:エンターテイメント、インパクト、そして聖書の核心的メッセージ。これら三つを同時に味わうことのできる動画を目指しました。聖書をまだ読んだことのない人にも、俺たちの熱いビートが伝わるはずです。



  • 奨励賞

    奨励賞 変わらぬ神の愛 吉原寛治

    関連聖書箇所:申命記 36章1節

    作品に込めた思い:知り合いのギタリストが、精神病の母の理不尽な行為や介護で疲れ果て、刑務所に収監されるが、イエスを知ることによって精神の平安を得て、音楽で福音を伝えたいと思うようになった。
    いつの世もイエスは変わらずに働いておられるのだな、と改めて感じさせる証だったので、ぜひ今回の動画にと応募しました。

  • 奨励賞

    奨励賞 A Point of View 東洋英和女学院中学部高等部映像制作部

    関連聖書箇所:フィリピ 1章9-10節

    作品に込めた思い:SNSやインターネットの発達が目覚ましい昨今、プラスな面だけでなく、SNSが引き起こす可能性のある危険もあるということをさらに多くの人に知ってもらいたいと思い、制作に至りました。



  • 奨励賞

    奨励賞 その人は、誰よりも明るい。 梅花女子大学文化表現学部情報メディア学科遠山ゼミ5期生

    関連聖書箇所:マタイ 5章4節

    作品に込めた思い:私たちのゼミに所属する学生の中に、幼い頃小児癌で、左足を失い、義足の人が居ますが、とても明るく、ほとんど義足であることを感じさせません。彼女が、どうやって義足になることを受け入れ、明るく生きているかを表現したいと思いました。

1ミニッツ部門
  • 優秀賞

    優秀賞 アプリ『Bible』 玉縄からの物体E

    関連聖書箇所:ルカ 9章46-50節

    作品に込めた思い:イエスの後継者は誰かについて使徒が議論をするシーンを、現代人のチャット風にアレンジしました。これは、「変わりゆく世界」の表現のみならず、まだ未熟な使徒たちと、チャットで喧嘩をする現代人を重ね合わせています。視聴者は、イエスの視点で画面を見ています。
    チャットアプリのシンボルマークは、聖書を表す本にチャットを表す吹き出しを合成し図案化したもので、色はいわゆる「クリスマスカラー」を使用しています。
    チャットに参加している人々のアイコンは、それぞれ意味があります。元漁師だったペトロは魚をモチーフに、アンデレは聖アンドリューのクロス、シモンは熱心党が由来で、マタイは人のモチーフがよくつかわれることから棒人間、ユダは会計係なのでお金、イエスはもちろん十字架が由来です。
    聖書の一節には、議論の最後にイエスが来て、まず子供を抱き上げます。このシーンは、イエスが子供の画像を投稿するように再現しました。
    イエスは最後に、聖書箇所にある言葉と全く同じことをチャットします。これだけは、現代語風にアレンジされておらず、「変わらない言葉」を表現します。

  • ハートウォーミング作品賞

    ハートウォーミング作品賞 一匹の羊 天川愛子

    関連聖書箇所:マタイ 18章12-14節

    作品に込めた思い:私がこの箇所を選んだ理由は、中学生の時、初めて聖書に触れた時とても感銘を受けた箇所だったからです。立場が弱い者でも神様は一人も残さずに見守ってくださるのだと思うととても心強く安心しました。

  • 奨励賞

    奨励賞 毎日聖書 伊藤走

    関連聖書箇所:聖書全体、詩篇119篇

    作品に込めた思い:「毎日聖書」というタイトルは「心を尽くして毎日聖書を読み続けたい!」という私の思いです。

  • 奨励賞

    奨励賞 助言 東洋英和女学院中学部高等部映像制作部

    関連聖書箇所:イザヤ 47章13節

    作品に込めた思い:日常生活の中で友達や家族などから助言をもらうことによって、惑わされ悩んでしまうことが多々あると思います。
    そんな時に是非この動画を通して自分らしさを認めてくれる存在がいることを思い出して、助言などに囚われることなく肩の力を抜くことの大切さに気付いていただけたらなと願っています。

  • 奨励賞

    奨励賞 寛大な心 旭川藤星高校 工藤桃香

    関連聖書箇所:マタイ 18章21-22節

    作品に込めた思い:私達は週に一回、宗教の授業があり、そこで赦しの心を学びました。そのことがとても心に残り、他の方にもそのことを知っていただきたいと思い、わかりやすく例を入れて動画にさせていただきました。ペトロとイエスの会話風景も、スライドを使用し再現して、よりわかりやすく見ていただくために努力いたしました。