― クリスマス物語 ―

  羊飼いと天使  
インデックス
天使とマリア
ベツレヘムへ
羊飼いと天使
博士たち、ヘロデ王に会う
幼子を拝む
エジプトへ避難する
あとがき
 
 夜通し羊の群の番をする羊飼いたちのもとに天使が現れました。それはダビデの町ベツレヘムに彼らのために救い主が生まれたことを告げるためでした。その時さらに天使が大勢現れこぞって神を賛美します。天使たちが去った後、急いで羊飼いたちは馬小屋の幼な子イエスのもとを訪ねました。そして天使の言ったことがすべて本当であったことがわかり、神を賛美しながら帰っていきました。
オリジナルの聖書の個所を表示します >> 聖句ルカによる福音書 2章 8〜21

 《クリスマスツリー》  
 
 いくつかの起源説がありますが、16世紀にドイツの宗教改革者マルティン・ルターが庭の木に火をともしたろうそくを飾り、この世に光として降誕(誕生)するイエス・キリストや、東方の博士たちを導いた星を表したのがはじまりとされています。
 
  クリスマス豆知識

Previous    Next
Close

一般財団法人 日本聖書協会 - ホームページ編集委員会
〒104-0061 東京都中央区銀座 4丁目5番1号
Tel: 03-3567-1988, Fax: 03-3567-4451
E-mail: info@bible.or.jp