皆さまに支えられて | ご献金に支えられた聖書製作

女の子が聖書を持っている写真

日本聖書協会の聖書普及の働きにおいて、
ご献金に支えられる主な分野には以下の5つがございます。

子供たちが聖書を読んでいる写真

聖書の要求があっても、貧困・飢餓・戦禍などさまざまな国情によって、聖書製作が十分にできない国々へ、心の勇気と平和をもたらす聖書をお届けするプロジェクトです。日本における製作は世界に誇る高品質で、かつ廉価に行うことができます。


手話をしている写真

日本ろう福音協会の手話訳聖書製作を資金的にバックアップするプログラムです。世界初の全巻完成に向けて約15年がかかり、1巻(30分)のビデオ翻訳にかかる人的・技術的費用は200万円を必要とします。各巻とも100円で提供しています。


点字聖書を読んでいる写真

目の不自由な方のために『点字聖書』を恒常的に製作し、提供していく働きです。点字聖書1冊あたりの製作コストを全てご献金によりカバーし、1冊100円でお届けしています。



「聖書と音楽の出会い」でも支援を呼びかけています。

日本聖書協会では未曾有の大災害に見舞われた方々に希望と安らぎの種を送ることを願って、これまでに14,000冊以上の「聖書」を被災地にお贈りすると共に、精神的な支援として、各地で応援コンサートを行ってまいりました。今後は、東北地方での聖書普及を活発化させることをビジョンに掲げて、福島の地にクリスチャンセンター(仮称)を設立していくことを視野に入れた活動を5年計画で進めており、そのための支援募金を呼びかけています。

「聖書と音楽の出会い」でも支援を呼びかけています。

クリスチャンセンター「神戸バイブル・ハウス」は阪神淡路大震災を経て2003年、神戸聖書展の成功を機に再建され10年目を迎えました。現在、西日本におけるエキュメニカルな聖書普及の拠点として様々な宣教事業を展開しています。日本聖書協会は神戸バイブル・ハウスの活動に対して支援を行っています。

現在の日本の厳しい経済状況の下で、一般普及用の聖書の価格を一定額に維持するためにはさまざまな努力を要します。皆さまからのご献金による支援も欠くことのできない大切な役割を果たしています。教会に聖書が与えられる恵みを神様に感謝しつつ、聖書普及の働きがこれからも持続できますよう皆さまの日々のお祈りにお覚えいただければ幸いです。

いますぐ献金する

このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 広報募金部 募金担当
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1
TEL.03-3567-1980  FAX.03-3567-4436  E-mail. fund-raising@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。