今月のフォト

ダマスコのウマイヤドモスク(シリア)

ダマスコのウマイヤドモスク(シリア)

解説

ダマスカス旧市街にある世界最古の巨大なモスク。紀元前からアラム人のハダテ神殿、ローマ時代にはジュピター神殿、4世紀に洗礼者ヨハネに捧げられたキリスト教会となる。ウマイヤ朝時代になって現在の壮大なモスクに改装された。礼拝堂には現在もドーム型の洗礼者ヨハネの霊廟があり、イスラム教徒もヨハネを預言者と崇めている。

撮影:横山 匡

プロフィール フォトギャラリー 

今日の聖句

今日の聖句

2019年10月20日

(日)

神の国を求めよ

「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。

空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。

あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。

なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。

しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。

今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。

だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。

それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。

何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。

だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」

(マタイによる福音書 6:25-34)

『聖書 新共同訳』より引用

おすすめ動画

第3回聖書動画コンテスト
ショートフィルム部門 最優秀賞

クリスチャンに質問してみました。
柳 義賢(ユ イヒョン)
 

第3回聖書動画コンテスト
ショートフィルム部門 優秀賞

CROSS
関西学院高等部宗教部
 

第3回聖書動画コンテスト
ショートフィルム部門 優秀賞

神様ってどんな人?
AMIKOMU☆
 

第3回聖書動画コンテスト
CM部門 優秀賞

やってみよう
梅花女子大学情報メディア学科遠山ゼミ3期生
 

AVACO クリスチャンプレス
 top