日本の書籍の印刷、製本技術は世界的にみて相当な高水準です。
なかでも聖書はおよそ2,450ページ(「聖書 新共同訳」旧約聖書続編つき)もあり、一般の書籍(概ね300ページ位)よりも圧倒的にページ数が多くなっているため、より高度な製紙、印刷、製本技術によってつくられています。

聖書の各部分の名称

聖書の製造工程

完成・出荷