新翻訳聖書事業サイト
新翻訳聖書事業

新翻訳聖書事業について

2009年12月の日本聖書協会理事会において、新しい翻訳事業を始めることが決定され、2010年夏より、翻訳作業が開始されました。新翻訳聖書は『聖書 聖書協会共同訳』として2018年末刊行予定です。

新翻訳の特徴
  1. カトリックとプロテスタントの18の教派・団体が参加する「共同訳」です。
  2. 礼拝での朗読にふさわしい、格調高く美しい日本語を目指しています。
  3. 新共同訳以後四半世紀の聖書学の研究成果が活かされた翻訳です。

参考書籍


『New聖書翻訳』No.1(2014.5)

新翻訳事業の翻訳者である聖書学者や日本語学者の研究成果を、論文、講演、エッセイの形で収録。聖書に関心のある方だけでなく、広く翻訳に関心のある方にお勧めします。執筆者:和田幹男、大島力、小林進、石川立、石黒圭。 ●A5判 紙装 81頁 ISBN978-4-8202-9234-0 本体1,200円+税 ●A5判 紙装 81頁 ISBN978-4-8202-9234-0 本体1,200円+税

購入はこちら amazon 楽天BOOKS 教文館

購入はこちら

amazon 楽天BOOKS 教文館


『New聖書翻訳』No.2(2015.12)

津村春英氏の講演「それでも新聖書翻訳」ほか、飯謙、阿部包、辻学、石黒圭、吉田新氏の論文、松永美穂氏のエッセイを収録。 ●A5判 紙装 93頁 ISBN978-4-8202-9239-5 本体1,200円+税●A5判 紙装 93頁 ISBN978-4-8202-9239-5 本体1,200円+税

購入はこちら amazon 楽天BOOKS

購入はこちら

amazon 楽天BOOKS


『New聖書翻訳』No.3(2017.8)

小友聡氏の講演、浦野洋司、髙橋洋成、小林進、住谷眞氏の論文、柴崎聰氏のエッセイ、資料「聖書翻訳におけるプロテスタントとカトリックの共同作業のための指針(1987年改訂版)」を収録。 ●A5判 紙装 93頁 ISBN978-4-8202-9253-1 本体1,200円+税●A5判 紙装 93頁 ISBN978-4-8202-9253-1 本体1,200円+税

購入はこちら amazon 楽天BOOKS 教文館

購入はこちら

amazon 楽天BOOKS 教文館


聖書事業懇談会講演録1

2014年5月から2016年3月にかけて行われた新翻訳事業翻訳者、編集委員による6つの講演を全文収録。新翻訳事業の概要、特徴について学ぶことができます。 ●A5判 紙装 111頁 ISBN978-4-8202-9259-3 本体400円+税●A5判 紙装 111頁 ISBN978-4-8202-9259-3 本体400円+税

購入はこちら amazon 楽天BOOKS 教文館

購入はこちら

amazon 楽天BOOKS 教文館

小冊子をダウンロードできます。

聖書 聖書協会共同訳(特徴と実例)
新しい聖書の特徴について実例を用いて紹介しています。
今年1月より全国のキリスト教書店において無料で配布しています。

PDF版

新翻訳ひとくちニュース

パイロット版頒布の終了

2018.4.24

2015年12月より、順次発行してきました新翻訳聖書のパイロット版は、今まで、合計16,350部頒布し、読者の皆様より、6,861件ものご意見をいただきました。ご指摘やご批判は、新翻訳の改定のために用いさせていただき、現在、校正段階に入っています。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

新翻訳ニュース(年4回更新予定)

変化する翻訳

2018.4.24

聖書事業懇談会・千葉が4月9日に開かれました。講師の小友聡先生は、「コヘレトの言葉」に対する考え方が以前と変化したために、それが聖書協会共同訳の訳文と小見出しに影響を与えたとお話しされました。聖書学の変化が聖書翻訳に影響を与えた一つの例となります。4月10日に大阪で行われた懇談会の講師、飯謙先生は、聖書協会共同訳では、「はしため」の使用を止め、多くが「仕え女(つかえめ)」となったことに言及し、今回の翻訳では、人間の重みへの配慮がなされていると語られました。「お前」の頻度が半減したのも、同じ理由です。これは日本語に対する感性の変化や社会状況の変化が、聖書翻訳で考慮された例です。聖書の翻訳だけではなく、翻訳という営み自体がそうなのですが、原文の意味がより明らかにされるならば、翻訳も変化します。あるいは、読む側の言語や文化が変化すれば、読み手に正しく意図が伝わるようにと、やはり、翻訳が変化します。聖書のヘブライ語とギリシア語原文は変わっていませんが、その翻訳は、過去2000年間、静止していたことはありません。絶えず、より良く神の言葉を伝えるために変化してきました。現在、聖書協会共同訳は、12月刊行を目指して校正段階に入っています。この新しい翻訳聖書が、21世紀の日本で神の言葉を伝えるために用いられるようお祈りください。なお、小友先生、飯先生の講演内容は間もなく、ウェブ上で公開されます。

詳細ページへ
バックナンバー

新翻訳事業に関連する講演、セミナー

新翻訳事業がよく分かる講演、セミナーです。これからの予定と、過去の講演内容を掲載しています。

詳細はこちら

新翻訳事業献金のお願い

2018年完成を目指すこの歩みを、ぜひお祈りとご献金でご支援ください。 「新翻訳事業献金」を1万円以上お捧げくださった方に小冊子「聖書 聖書協会共同訳(特徴と実例)」1冊を差し上げます。

献金する

新翻訳事業基礎資料

以下に挙げているのは、当翻訳事業について述べられている文章で、読んでいただけますと、当事業の概要と特徴をご理解いただけると思います。

top