聖書翻訳の歴史 | 和訳史1 キリシタン時代の初期の聖書


1 キリシタン時代の初期の聖書
2 三人の漂流民とギュツラフの出会い
3 三吉(岩吉、久吉、音吉)の漂流図
4 現存する最初の日本語聖書
5 日本で最初に出版された聖書 版木が語るロマン……
6 翻訳に尽くした人々 日本の聖書普及事業の始まり
7 文語訳から口語訳へ
8 「聖書 新共同訳」の誕生
フランシスコ・ザビエル
写真の説明
1549年フランシスコ・ザビエル(1506-1552)

日本における聖書の歴史は、1549年フランシスコ・ザビエル(1506-1552)が初めて鹿児島に上陸した時に持って来た日本語に訳された「マタイ福音書」に始まると言われている。しかし、現在記録は残っていない。

フロイスの『日本史』によると、ザビエルがマラッカで出会った日本人ヤジロウの協力によって和訳の計画をしていたことは確かである。

ザビエルに同行した修道士イルマン・フェルナンデス(1525-1568)は、このヤジロウの協力を得て信仰問答をローマ字に訳している。この中には、モーセの「十戒」や「主の祈り」が入っていたはずだから、聖書の一部は既にこの時代に日本語にされていたようである。

フェルナンデスは四福音書の全訳を試みたようだが、それに関する詳しいことは不明である。しかし、彼とともに同地に布教していたフロイスの記録によれば、1563年肥前(長崎県)度島(たくしま)の教会の火災で、この稿本が無惨にも焼失したと言われている。

屏風の下張りに使われていた聖書和訳稿

現在知られている最も古い和訳聖書の断片は、松田毅一氏が1960年にエヴォラ図書館から整理を依頼された際、古屏風の下張りから発見されたものである。
そこには旧約聖書のコヘレトの言葉(伝道の書)3章7節が「云ヘキ時アリ、モタスヘキ時アリ」と訳されている。このほかにイザヤ書1章11節など幾つもの訳稿が発見されている。これらは1580年頃のものと推定される。

幻の京都版「新約聖書」

英国国教会の信徒、船長のセーリスは『日本航海記』の1613年10月9日に、「ミヤコ(京都)で新約聖書を日本語で印刷している」と記している。この京都版は、カトリック教会の記録にも裏付けられてはいるが、これ以上はわかっていない。

このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 聖書図書館
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1 聖書館7F
TEL 03-3567-1995  FAX 03-3562-7227  E-mail  lib@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。