聖書翻訳の歴史 | 文語訳から口語訳へ


1 キリシタン時代の初期の聖書
2 三人の漂流民とギュツラフの出会い
3 三吉(岩吉、久吉、音吉)の漂流図
4 現存する最初の日本語聖書
5 日本で最初に出版された聖書 版木が語るロマン……
6 翻訳に尽くした人々 日本の聖書普及事業の始まり
7 文語訳から口語訳へ
8 「聖書 新共同訳」の誕生
集合写真
写真の説明
文語新約改訳委員より
左からハリントン、別所梅之助、フォス、デビソン、松山高吉、川添万寿得、ラーネッド(この他に藤井寅一がいた)
1917(大正6)年10月5日、大正改訳 新約聖書を完成、出版した。








「文語訳」1887(明治20)年完成

新約聖書はヘボン、S.R.ブラウンを中心とする「翻訳委員社中」が、1874(明治7)年から翻訳を始め、分冊で順次出版し、1880(明治13)年に完成した。一方、旧約聖書の翻訳は、1878(明治11)年に「聖書常置委員会」を組織し、本格的に翻訳が開始された。翻訳には、欽定訳英語聖書、ブリッジマン・カルバートソン漢訳聖書などが参考にされた。
1887(明治20)年全部の翻訳が完成し、翌年、歴史的な完成感謝の祝賀会が東京・築地の新栄教会で開催された。米国、英国、スコットランドの聖書協会の経済的助力による。これが、「明治訳」(元訳)と言われるもので、その旧約聖書は、今でも「文語訳」として用いられている。
「明治訳」の新約聖書はその後改訳されて、1917(大正6)年10月に出版された。大正改訳として有名である。

聖書改訳の様子
写真の説明
1951(昭和26)年4月、時代の要請に応えて、
口語編纂への改訳が始まった。作業は、東京・銀座の
日本聖書協会の一室で行われた。
「口語訳」1955(昭和30)年完成

1950(昭和25)年ごろになると戦後の現代かなづかい、当用漢字の制定などによる国語の変化や聖書学の急速な進歩で、聖書改訳要求が次第に高まってきた。1951(昭和26)年4月、米、英両聖書協会の協力を得て、翻訳が始まった。この翻訳は、初めて日本人の聖書学者によってなされ、1954(昭和29)年に新約、1955(昭和30)年に旧約が完成し出版された。




このページに関するお問合せは
一般財団法人 日本聖書協会 聖書図書館
〒 104-0061  東京都中央区銀座 4-5-1 聖書館7F
TEL 03-3567-1995  FAX 03-3562-7227  E-mail  lib@bible.or.jp

ページの先頭に戻る

1997-2014(c)Japan Bible Society, Allrights reserved.  当サイトに掲載されている情報の無断転載を禁止します。