グーテンベルクからコンピュータまで

薄い紙は、一般紙に比べると環境の変化に敏感に反応し、しわになったり、揃いが悪くなったり、カールしたりするため、乳児をはぐくむように優しく、ゆっくり、いつも温度、湿度、水分量、静電気などに気をつけて印刷しなければなりません。聖書は1ページの文字収容量が多いため、色が濃すぎるときつく感じられ、逆に薄いと読みにくくなります。ページ全体を見たときは柔らかく、文字を見たときはしっかり見えるように、いつも注意する必要があるのです。

15世紀中頃、ドイツのグーテンベルクが鉛合金活字による活版印刷術を発明しました。ぶどうしぼり機にヒントを得て考案された印刷機はもう使われておりませんが、活字用の鉛合金は近年まで使用されました。この印刷術による最初の印刷物が42行聖書です。聖書の歴史は印刷技術の歴史そのものなのです。

グーテンベルク42行聖書
グーテンベルク印刷機
活版印刷の原理

印刷術は年々進歩し、聖書の印刷も活版印刷から電算写植へ、凸版印刷からオフセット印刷へ、さらに輪転印刷機の利用へと進み、より高い品質のものができるようになりました。電算写植に入力されたことによって、多様なメディアによる発行も可能になってきています。

コンピュータ組版による新共同訳 聖書