コリント遺跡 撮影 横山匡
フォトギャラリー 横山 匡 プロフィール
今日の聖句

今日の聖句

2014年10月23日

信仰によって生きる

神の人エリシャはイスラエルの王が衣を裂いたことを聞き、王のもとに人を遣わして言った。「なぜあなたは衣を裂いたりしたのですか。その男をわたしのところによこしてください。彼はイスラエルに預言者がいることを知るでしょう。」

ナアマンは数頭の馬と共に戦車に乗ってエリシャの家に来て、その入り口に立った。

エリシャは使いの者をやってこう言わせた。「ヨルダン川に行って七度身を洗いなさい。そうすれば、あなたの体は元に戻り、清くなります。」

ナアマンは怒ってそこを去り、こう言った。「彼が自ら出て来て、わたしの前に立ち、彼の神、主の名を呼び、患部の上で手を動かし、皮膚病をいやしてくれるものと思っていた。

イスラエルのどの流れの水よりもダマスコの川アバナやパルパルの方が良いではないか。これらの川で洗って清くなれないというのか。」彼は身を翻して、憤慨しながら去って行った。

しかし、彼の家来たちが近づいて来ていさめた。「わが父よ、あの預言者が大変なことをあなたに命じたとしても、あなたはそのとおりなさったにちがいありません。あの預言者は、『身を洗え、そうすれば清くなる』と言っただけではありませんか。」

ナアマンは神の人の言葉どおりに下って行って、ヨルダンに七度身を浸した。彼の体は元に戻り、小さい子供の体のようになり、清くなった。

(列王記下 5:8-14)

『聖書 新共同訳』より引用

今月のフォト

コリント遺跡 撮影 横山匡


解説:
ローマの植民都市。紀元前27年、ローマ属州、アカヤ州の首都となり政治、経済の中心地となり繁栄を極める。ギリシア人、ローマ市民、ユダヤ人が集まる人口60万の大都市となる。町の中心に建つアポロ神殿。南にそびえるアクロコリントの頂上にはアフロデイテ神殿があり、千人もの神殿娼婦がいた。パウロは「あなたがたの間にみだらな行いがあり・・」(コリント一 5:1)と憤っている。

横山 匡 プロフィール