アンティオキアの街並 撮影 横山匡
フォトギャラリー 撮影 横山 匡
今日の聖句

今日の聖句

2016年5月2日

復活のキリストに出会う

さて、陸に上がってみると、炭火がおこしてあった。その上に魚がのせてあり、パンもあった。

イエスが、「今とった魚を何匹か持って来なさい」と言われた。

シモン・ペトロが舟に乗り込んで網を陸に引き上げると、百五十三匹もの大きな魚でいっぱいであった。それほど多くとれたのに、網は破れていなかった。

イエスは、「さあ、来て、朝の食事をしなさい」と言われた。弟子たちはだれも、「あなたはどなたですか」と問いただそうとはしなかった。主であることを知っていたからである。

イエスは来て、パンを取って弟子たちに与えられた。魚も同じようにされた。

イエスが死者の中から復活した後、弟子たちに現れたのは、これでもう三度目である。

(ヨハネによる福音書 21:9-14)

『聖書 新共同訳』より引用

今月のフォト

ガリラヤ湖畔の朝 撮影 横山匡


解説:
現在トルコのアンタキア。ステファノがエルサレムで迫害された際、この町に逃れてきたキリスト信者がいた。その人々の伝道によって異邦人の信者が増えていった。エルサレムから派遣されたバルナバやパウロによって初代教会が誕生する。この町で初めて信者が「キリスト者」と呼ばれるようになる。パウロはここから第1、第2伝道旅行に出かけた。

横山 匡 プロフィール