黄金門 撮影 横山匡
フォトギャラリー 横山 匡 プロフィール
今日の聖句

今日の聖句

2015年3月31日

苦難の主

イエスはこのように話してから、先に立って進み、エルサレムに上って行かれた。

そして、「オリーブ畑」と呼ばれる山のふもとにあるベトファゲとベタニアに近づいたとき、二人の弟子を使いに出そうとして、

言われた。「向こうの村へ行きなさい。そこに入ると、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、引いて来なさい。

もし、だれかが、『なぜほどくのか』と尋ねたら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。」

使いに出された者たちが出かけて行くと、言われたとおりであった。

ろばの子をほどいていると、その持ち主たちが、「なぜ、子ろばをほどくのか」と言った。

二人は、「主がお入り用なのです」と言った。

そして、子ろばをイエスのところに引いて来て、その上に自分の服をかけ、イエスをお乗せした。

イエスが進んで行かれると、人々は自分の服を道に敷いた。

イエスがオリーブ山の下り坂にさしかかられたとき、弟子の群れはこぞって、自分の見たあらゆる奇跡のことで喜び、声高らかに神を賛美し始めた。

「主の名によって来られる方、王に、
祝福があるように。天には平和、
いと高きところには栄光。」

すると、ファリサイ派のある人々が、群衆の中からイエスに向かって、「先生、お弟子たちを叱ってください」と言った。

イエスはお答えになった。「言っておくが、もしこの人たちが黙れば、石が叫びだす。」

エルサレムに近づき、都が見えたとき、イエスはその都のために泣いて、

言われた。「もしこの日に、お前も平和への道をわきまえていたなら……。しかし今は、それがお前には見えない。

やがて時が来て、敵が周りに堡塁を築き、お前を取り巻いて四方から攻め寄せ、

お前とそこにいるお前の子らを地にたたきつけ、お前の中の石を残らず崩してしまうだろう。それは、神の訪れてくださる時をわきまえなかったからである。」

それから、イエスは神殿の境内に入り、そこで商売をしていた人々を追い出し始めて、

彼らに言われた。「こう書いてある。『わたしの家は、祈りの家でなければならない。』
ところが、あなたたちはそれを強盗の巣にした。」

(ルカによる福音書 19:28-46)

『聖書 新共同訳』より引用

今月のフォト

黄金門 撮影 横山匡


解説:
イエスが「ホサナ」と迎えられて、エルサレムに入城したのが、この門だと伝えられている。終末の日にメシアが入城するという伝承を恐れたイスラム教徒のスレイマン大帝が、1541年に閉鎖した。足の不自由な男をペトロが癒した「美しい門」(使徒3:2)もこの門だと言われている。

横山 匡 プロフィール