エマオの夕暮れ 撮影 横山匡
フォトギャラリー 横山 匡 プロフィール
今日の聖句

今日の聖句

2014年4月19日

十字架

憐れんでくれ、わたしを憐れんでくれ
神の手がわたしに触れたのだ。あなたたちはわたしの友ではないか。

なぜ、あなたたちまで神と一緒になって
わたしを追い詰めるのか。肉を打つだけでは足りないのか。

どうか
わたしの言葉が書き留められるように
碑文として刻まれるように。

たがねで岩に刻まれ、鉛で黒々と記され
いつまでも残るように。

わたしは知っている
わたしを贖う方は生きておられ
ついには塵の上に立たれるであろう。

この皮膚が損なわれようとも
この身をもって
わたしは神を仰ぎ見るであろう。

(ヨブ記 19:21-26)

『聖書 新共同訳』より引用

今月のフォト

エマオの夕暮れ  撮影 横山匡


解説:
二人の弟子がエマオ村に向かっているとき、復活したイエスが近づき一緒に歩き始める。エルサレムで起こった出来事を語りながら村に近づいた。もう日も傾いていますからと無理に引き留めて宿に入り、食前の祈りと賛美をし、パンを裂き渡されたときに二人は目が開かれイエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。(ルカ24:13〜35)

横山 匡 プロフィール